イギリスにアダルトスクールで留学してそのままイギリスの以前の植民地であったアフリカの国にボランティアへ参加

海外に興味ある方へ 語学留学のすすめ

イギリスに留学してから行ったボランティア

会社を転職するまでの2ヶ月間休暇でイギリスにアダルトスクールで留学へ行き英語の勉強をしにいきました。他にも色々な国に行った事があるのですが何故かイギリスが落ち着くのです。冬はちょっと暗いですけど、雨も多いけれど自分にあった国です。そこで暮らした時に知り合った日本人の一人がアフリカへボランティアへ行くんだと言っていました。行ったことのないアフリカちょっと怖いけど見て見たい行ってみたい国でした。話してみると一緒に参加してもいいとの事で、留学中に病院で予防接種を受けて準備しました。ところが、マラリヤの話を聞いてちょっと引けました。マラリアは予防接種が無いこと。ですから、予防飲み薬を服用しないといけません。それが結構強いそうで合わないと失明する可能性だってある。

また、洗濯物は絶対に着る前に乾かしてアイロン消毒が必要との事でした。何故でしょうか?洗濯ものが濡れている時にハエが水分を必要として洗濯物に止まりそこに卵を産むそうです。知らないでその服を着るとなんと皮膚に卵が通過して幼虫として育ってしまうそうです。そだった幼虫は皮膚を突き抜けて外に出ようとするその時に人間は気が付くそうです。かなり痛いそうですよ。そんな話も聞いてそれでも出発しました。行って見ると日本企業の方や好きで住み移った日本人結構居るんです。一緒に食事をした時もロブスターの刺身をご馳走してくれました。ボランティアは学生達を学校に行けるよう助けるスカラーシップの面接でした。女の子が学校に行く確立が少ない環境を変えるために女の子への支援でした。10000円送れば一年間一人か二人は中学校に通えます。レートによって人数が変わるそうです。私にはとっても役に立ちました。ヨーロッパよりも面白かった。